Building renovation(ビル一棟リノベーション)

丼池繊維会館

 

1922(大正11)年に銀行として建築された近代建築のリノベーション。古典からモダニズムへ移行していく初期にあたる時代に、大胆に装飾を廃し、新建材だったタイル貼で水平ラインを強調する外観デザインの特徴から、当時最新の建築を目指したであろう原設計者のモダンな意思を引き継ぐことをコンセプトとし、現代的なセンスでその魅力をより強調した。

 

1195140.jpgappearance

 

 2195140.jpg3rd floor

 

3195140.jpgroom201 

 

   4195140.jpg                 enterance

 

   5195140.jpg               lobby & coridor

 

   6195rep.jpg               staircase

 

 7195140.jpg room202

 

 8195140.jpg penthouse

 

 9195140.jpgrooftop

 

10195140.jpgexhibition

 

 11195140.jpg food gathering

 

 12195140.jpgfood gathering

 

 

【before】

1195140.jpg 2195140.jpg  3195140.jpg
       4195140.jpg        5195140.jpg         6195140.jpg
7195140.jpg 8195140.jpg 9195140.jpg
  • キッチン
  • 近代建築
  • ビル
  • ショップ
  • レトロビル
  • まちづくり
  • モルタル
  • タイル
  • 屋上テラス
  • 2nd Cycle